気になるメールマガジンの到達率

気になるメールマガジンの到達率

2015年05月05日

メールマーケティング


年、メールマガジンの反応が悪くなったという話をよく耳にする。メールマガジンの内容がマンネリ化してしまい、次第に読まれなくなるのは仕方ないことかもしれない。しかし、受信者のメールボックスに届く「到達率」が明らかに下がってきていると言われている。メールマガジン配信機能を提供するASPも、到達率を高めるために様々な手を打っているものの、発行する企業に「メールマガジンが届いていない」という問い合わせは増える一方である。メールマガジンが受信者に届かなければ、開封されることもないし、クリックされることもない。到達率の低下は、メールマーケティングを行う企業にとって、非常に気になる現象であることは間違いない。

1431閲覧
進化を続けるYouTube広告

進化を続けるYouTube広告

2015年05月05日

SEM/PPC/WEB広告


YouTube広告といえば、2011年3月に運用を開始した「TrueView広告」が主流になっている。いくつかのフォーマットがリリースされたが、今はコンテンツが再生される前に広告が5秒間表示されて、スキップするか広告を続けて見るかを選択できる「インストリーム広告」と、過去の視聴履歴や検索キーワードに基づいて、コンテンツとの関連性が高い動画が「関連動画」欄に表示される「インディスプレイ広告」の2つに集約されている。インストリーム広告は、広告が30秒間再生されるまでにスキップされた場合は、広告料が発生しない点が大きな特徴。一方、インディスプレイ広告は、サーチエンジンのリスティング同様、クリックした場合、つまり動画を再生した場合のみ広告料が発生する。

1435閲覧
ソーシャルメディア広告の特殊なターゲティング方法

ソーシャルメディア広告の特殊なターゲティング方法

2015年04月05日

SEM/PPC/WEB広告


ンターネット広告といえば、AdWords広告に代表される検索連動型広告のシェアが高いが、最近ではソーシャルメディア広告を出稿する企業も増えている。ソーシャルメディア広告の長所は、人のつながりや登録された詳細な個人情報を活用して、バラエティに富んだターゲティング手法を採用できる点だ。たとえば、Facebookは実名制SNSなので、ほぼ正確な年齢や居住地がわかる。就職活動を行う大学生など、見込み客の職業や年齢が明確に限定できる場合は、Facebook広告において大学生という職業と、就職活動を行う可能性が高い20歳や21歳という年齢を指定することで、より精度の高いターゲティングが可能になる。

1745閲覧
Apple Watch普及の鍵を握るアプリ

Apple Watch普及の鍵を握るアプリ

2015年04月05日

スマートフォン


2015年4月24日、Apple最初のウエアラブルデバイスとなる「Apple Watch」が日本や中国を含む世界9ヶ国で発売された。Apple Watchには、本体素材によって3つのモデルがあり、日本での販売価格は、Apple Watch Sportが42800円から、Apple Watchは66800円から、本体に18金を使用した最上位モデルのEditionは128万円からとなっている。調査会社Slice Intelligenceによると、予約の受付が開始された4月10日の1日だけで100万台弱の予約注文が入ったという。2014年7月に出荷が開始されたGoogleの「Android Wear」の2014年総出荷台数が約72万台だったことを考えると、Apple Watchの人気の高さが際だっていることがわかる。

1466閲覧
急成長するネイティブ広告が抱えるジレンマ

急成長するネイティブ広告が抱えるジレンマ

2015年03月05日

SEM/PPC/WEB広告


イバーエージェント子会社のCyberZが2015年2月に発表したスマートフォン広告に関する市場予測によると、2014年に38億円だったネイティブ広告の市場規模は、2017年には350億円にまで拡大する見込みだという。ネイティブ広告とは、2010年にTwitterが開始した広告主の宣伝ツイートをタイムラインや検索結果ページの最上部に表示する「プロモツイート」のように、ソーシャルメディアやアプリ上で企業のオリジナルコンテンツとして配信される広告のこと。

1418閲覧
Googleがモバイル検索で「スマホ対応」を重視へ

Googleがモバイル検索で「スマホ対応」を重視へ

2015年03月05日

スマートフォン


Googleがスマートフォン対応度をモバイル検索の結果順位の判断基準に加えると発表したことは、業界でも大きな話題になっているので、すでにご存じの方も多いだろう。Googleは、これまでPC向けサイトをインデックスして独自のアルゴリズムで検索結果の表示順位を決め、基本的にその順位をモバイル検索にも適用する方針を維持してきた。新しいアルゴリズムの適用は、2015年4月21日から全言語で一斉に実施される。過去の大きなアルゴリズム変更では、まず英語圏など一部で先行して適用するパターンが多かったが、今回は全世界一斉に適用されることからもGoogleのモバイル検索の改善に対する強い意気込みが感じられる。

1287閲覧
アプリストアとして影響力を増すGoogle Play

アプリストアとして影響力を増すGoogle Play

2015年02月05日

スマートフォン


IDCが発表した世界のスマートフォン出荷台数に関する調査結果によると、2014年の総出荷台数は前年比27.7%増の13億40万台となった。OSの出荷台数シェアは、Androidが81.5%、iOSが14.8%と、世界的にはAndroidが大きなシェアを占めていることがわかる。2014年はiPhone6が発売されたこともあり、iOSの出荷台数は前年比25.6%増と好調だったが、Androidはそれを上回る前年比32.0%増と勢いが止まらない。iPhoneの端末は比較的高価なため、新興国では廉価なAndroid端末が勢力を拡大しているという背景がある。

1344閲覧
一般ユーザにも開放された「LINE@」の潜在力

一般ユーザにも開放された「LINE@」の潜在力

2015年02月05日

ソーシャル


LINEの国内利用者数は5800万人を突破するなど、国内で利用者が最も多いモバイルアプリとしての地位を確立している。LINEには、主に大手企業や俳優・アーチストなどの有名人が開設する公式アカウントがある。たとえば、ローソンの公式アカウントの友達数は、すでに1300万人を超えている。友達になれば無料でスタンプがダウンロードできるキャンペーンを開催すれば、公式アカウントで100万人単位の友達を集めるのは難しくない。ただし、公式アカウントを開設・維持するにはコストがかかる。現在は非公開になっているものの、公式アカウントを運営するには最低月額400万円が必要になる。その公式アカウントの廉価版として登場したのがLINE@である。

1285閲覧
独特な路線を進む日本の電子書籍市場

独特な路線を進む日本の電子書籍市場

2015年01月05日

スマートフォン


本の電子書籍市場規模は、インプレス総合研究所が毎年公表している調査報告書によると、2014年度は前年度比37.2%増の1390億円となる見込みである。今後も市場は順調に成長を続け、2018年度には3340億円規模に達すると予測されている。現在の市場規模では、アメリカの方が圧倒的に大きい。PwCの年次報告書によると、アメリカの2014年の電子書籍市場規模は、前年比25.9%増の56億9000万ドル(約6660億円)。さらに、2018年には86億9000万ドル(約1兆200億円)となり、初めて紙の書籍の市場を上回ると予測されている。

1396閲覧
マーケティングオートメーションで実現できること

マーケティングオートメーションで実現できること

2015年01月05日

WEBマーケティング


2014年あたりから、「マーケティングオートメーション」というキーワードをよく耳にするようになった。直訳すると「マーケティングの自動化」という意味だが、英語版Wikipediaでは、Marketing Automationを「マーケティング活動をもとにスコアリングし、それに合わせたメッセージングをメールやソーシャルメディアのチャネルを使って行うことで、興味・関心のレベルから営業プロセスが行えるまでに育成すること、及びそのためのソフトウェア」と説明している。リードジェネレーションとリードナーチャリングを効率化してくれるソフトウェアということになるだろうか。

1575閲覧
Appleの新サービス「Maps Connect」の可能性

Appleの新サービス「Maps Connect」の可能性

2014年12月05日

WEBマーケティング


年10月、Appleがアメリカで地図サービスの新機能「Maps Connect」の提供を開始した。このMaps Connectは、一言で説明するとGoogleの「マイビジネス」のように、マップ上に店舗情報を無料で登録できるサービスである。利用するには費用はかからないが、店舗情報を登録するには、Apple IDでサインアップして利用規約に合意する必要がある。登録申請後にAppleから確認電話がかかり、認証に必要なPINコードを受け取る仕組みなども、Googleマイビジネスと似ている。他にも、Googleマップの「インドアマップ」に相当する「Indoor」という機能もあり、AppleがGoogleのサービスを意識して開発したことは明らかだ。

1499閲覧
広告料を還元する新SNS「Tsu」の波紋

広告料を還元する新SNS「Tsu」の波紋

2014年12月05日

ソーシャル


メリカのベンチャー企業Unlock Tsuが10月下旬にリリースした新しいSNS「Tsu(スー)」が日本でも大きな話題になっている。機能的にはFacebookなどのSNSと似ているが、Tsuの最大の特徴は、広告料収入のうち9割がユーザのアクティビティに応じて分配される仕組みになっていることである。具体的には、他のユーザを招待して自分でネットワークを構築して、そのネットワーク内で表示された広告について分配を受ける権利が発生する。いわばMLM(マルチレベルマーケティング)の考え方を取り入れたSNSと表現できるだろう。

1578閲覧