SEM/PPC/WEB広告記事一覧

進化を続けるYouTube広告

進化を続けるYouTube広告

2015年05月05日

SEM/PPC/WEB広告


YouTube広告といえば、2011年3月に運用を開始した「TrueView広告」が主流になっている。いくつかのフォーマットがリリースされたが、今はコンテンツが再生される前に広告が5秒間表示されて、スキップするか広告を続けて見るかを選択できる「インストリーム広告」と、過去の視聴履歴や検索キーワードに基づいて、コンテンツとの関連性が高い動画が「関連動画」欄に表示される「インディスプレイ広告」の2つに集約されている。インストリーム広告は、広告が30秒間再生されるまでにスキップされた場合は、広告料が発生しない点が大きな特徴。一方、インディスプレイ広告は、サーチエンジンのリスティング同様、クリックした場合、つまり動画を再生した場合のみ広告料が発生する。

2303閲覧
ソーシャルメディア広告の特殊なターゲティング方法

ソーシャルメディア広告の特殊なターゲティング方法

2015年04月05日

SEM/PPC/WEB広告


ンターネット広告といえば、AdWords広告に代表される検索連動型広告のシェアが高いが、最近ではソーシャルメディア広告を出稿する企業も増えている。ソーシャルメディア広告の長所は、人のつながりや登録された詳細な個人情報を活用して、バラエティに富んだターゲティング手法を採用できる点だ。たとえば、Facebookは実名制SNSなので、ほぼ正確な年齢や居住地がわかる。就職活動を行う大学生など、見込み客の職業や年齢が明確に限定できる場合は、Facebook広告において大学生という職業と、就職活動を行う可能性が高い20歳や21歳という年齢を指定することで、より精度の高いターゲティングが可能になる。

2564閲覧
急成長するネイティブ広告が抱えるジレンマ

急成長するネイティブ広告が抱えるジレンマ

2015年03月05日

SEM/PPC/WEB広告


イバーエージェント子会社のCyberZが2015年2月に発表したスマートフォン広告に関する市場予測によると、2014年に38億円だったネイティブ広告の市場規模は、2017年には350億円にまで拡大する見込みだという。ネイティブ広告とは、2010年にTwitterが開始した広告主の宣伝ツイートをタイムラインや検索結果ページの最上部に表示する「プロモツイート」のように、ソーシャルメディアやアプリ上で企業のオリジナルコンテンツとして配信される広告のこと。

2578閲覧
YouTubeの動画広告は今がチャンスか?

YouTubeの動画広告は今がチャンスか?

2014年10月05日

SEM/PPC/WEB広告


Cisco Systemsの予測によると、2018年にはインターネットのトラフィック全体の75%を動画が占めるという。2013年の時点で、すでに動画の比率は57%に達しており、最近ではSNSでも動画を添付した投稿や、投稿のように見える動画広告を頻繁に見かけるようになった。たとえば、Facebookは、2014年3月からニュースフィードに表示する15秒の動画広告「Premium Video Ads」をアメリカでスタートしたが、この動画広告が好評のため、5月からは日本を含む7ヶ国でも運用を開始した。

1643閲覧
インターネット広告はテレビ広告に追い付けるか

インターネット広告はテレビ広告に追い付けるか

2014年05月05日

SEM/PPC/WEB広告


ンターネット広告の業界団体Interactive Advertising Bureau(IAB)が公表した最新の調査結果によると、2013年のアメリカのインターネット広告市場規模は前年比17%増の428億ドル(約4兆3000億円)となり過去最高を更新した。特筆すべきは、2013年に401億ドルだったテレビ広告の市場規模を初めて上回ったことである。アメリカのインターネット広告市場規模は、2007年にはラジオ広告、2010年には新聞広告、2011年にはケーブルテレビ広告を抜いてきたが、ついにテレビ広告を抜いて最大の広告メディアになった。

1528閲覧
もっと注目したいTwitter広告

もっと注目したいTwitter広告

2014年02月05日

SEM/PPC/WEB広告


Twitterは2013年11月7日、ニューヨーク証券取引所(NYSE)に株式上場を果たした。公募価格が26ドルだったのに対して、上場初日にいきなり73%も上昇して、2014年に入ってからもおおむね60ドル以上の高値で堅調に推移している。

一方、一足早く2012年5月にNASDAQ市場に上場したFacebookは、上場直後に株価は低迷したが、2014年に入り60ドルを超えて上場来高値を更新するなど好調だ。Twitterにしても、Facebookにしても、広告料収入を主な収益源にしているが、特にモバイル広告の収入が急増していることが株価上昇の大きな要因になっている。

1489閲覧
細かくターゲットを絞れるソーシャルメディア広告

細かくターゲットを絞れるソーシャルメディア広告

2013年10月01日

SEM/PPC/WEB広告


ーシャルメディアの基本的なサービスは無料で利用できる。たとえばFacebookでは、企業がビジネス目的でFacebookページを開設するのも無料だ。Facebookページでキャンペーンを実施するなど、コストをあまりかけずに集客する手もあるが、ソーシャルメディアをビジネスで活用したい場合は、広告の活用によってスピードアップを図る方が実践的といえる。
 特に、実名制を採用しているFacebookでは、会員登録時の情報に基づいて細かくターゲットを絞り込めるメリットは大きい。

2345閲覧
ネイティブソーシャル広告の可能性

ネイティブソーシャル広告の可能性

2013年07月16日

ネット広告


用者の増加に伴い、日本でもFacebookは魅力的な広告媒体とみなされるようになった。Facebook広告の特徴は、広告主が様々なタイプの広告を自由に組み合わせることができる点である。ところが、広告の種類があまりにも増えすぎてしまったため、先日Facebookは今年6月から約半年かけて、現在27種類ある広告を半分以下に統合・集約すると発表した。QuestionsやOfferと呼ばれる広告が廃止される一方で、写真付きの広告を1つ作成すれば、自動的にソーシャルな文脈を判断して適切な位置に掲載されるようになるなど、広告主にとっては便利になるという。

2309閲覧