WEB制作記事一覧

B2Bサイトにスマートフォン対応は必要か

B2Bサイトにスマートフォン対応は必要か

2014年11月05日

WEB制作


マートフォンの普及により、Webサイトへのアクセスにおけるスマートフォン比率も上昇している。つい先日、GoogleでYouTubeの運営を担当する上級副社長は、YouTubeの視聴のほぼ50%はモバイル端末からであること明らかにした。日本のECサイト「ZOZOTOWN」は、四半期ごとに注文におけるスマートフォン比率を公表しているが、2014年3月期第3四半期に初めてスマートフォン比率が50%を突破してPCを逆転した。日本では、フィーチャーフォンが独自に進化したこともあり、スマートフォンの普及率は他の先進国に比べるとまだ低い水準にある。Webサイトへのアクセス比率は、さらにスマートフォンがシェアを拡大することは間違いないだろう。

1477閲覧
続々登場する新トップレベルドメイン名

続々登場する新トップレベルドメイン名

2014年03月05日

WEB制作


2013年10月以降、新しいトップレベルドメイン名が続々登場している。トップレベルドメイン名とは、infocrest.co.jp であれば一番右にあたる「.jp」の部分のこと。日本の「jp」のようにアルファベット2文字で国を表す国別トップレベルドメイン名(ccTLD)と、「.com」や「.net」などの分野別トップレベルドメイン名(gTLD)に大きく分類できる。一時期有名になった「.tv」は、南太平洋の島国・ツバルの国別トップレベルドメイン名である。
 最近急増しているのは、分野別トップレベルドメイン名(gTLD)の方で、「.tokyo」や「.nagoya」、「.email」、「.ninja」など実に様々な文字列がトップレベルドメイン名として登場している。多言語にも対応していて、日本語の「.みんな」というgTLDまで登録されている。

1336閲覧
レスポンシブWebデザインは普及するか

レスポンシブWebデザインは普及するか

2013年12月04日

WEB制作


スポンシブWebデザインとは、PCやスマートフォン、タブレットなどスクリーンサイズが異なる端末で同じURLにアクセスしても、それぞれのスクリーンサイズに最適化されたレイアウトで表示されるWebデザイン手法のことを指す。海外では2011年頃からスマートフォン対応の手法として採用され始めていたが、注目される大きなきっかけとなったのは、Googleがウェブマスター向け公式ブログにおいて、「Googleがお勧めするスマートフォンに最適化されたウェブサイトの構築方法」と題した記事の中でレスポンシブWebデザインを推奨したことである。

2822閲覧